一般の葬儀に参列する際の […]

千葉での家族葬のマナー

一般の葬儀に参列する際のマナーは理解しているつもりでも、家族葬となっている場合には少し判断が難しいケースが千葉でも増えています。

お世話になった人の葬儀に足を運ぶのは礼儀だと思いながらも、家族葬となっていると家族以外の人にとっては参列するべきかどうか悩むケースは千葉でも多いようです。

家族葬は密葬に近い言葉です。

家族葬と言っても家族の規模によっては小規模の葬儀になるとは限りません。

家族葬は一般に広く参列願いを出さないため、家族や親近者のみで内々で執り行う葬儀ということになります。

ご遺族の方から参列願いがあれば、近しい知人、友人として、あるいは家族の一員として参列することになります。

注意したいのは、こうして参列することになった方などから、葬儀が行われることを伝え聞く周辺の人の参列についてでしょう。

葬儀があると知ったからには参列したいと考えることも自然ではありますが、あくまでご遺族からの正式な参列願いがない場合は、参列は遠慮するのがマナーです。

親類の立場であっても同様です。

親子、兄弟などで行う家族葬に、遠縁の人が参列するのは、参列のお願いが出ていない場合には遠慮することになります。

葬儀のお知らせが書面で届いたものの、どこにも葬儀会場や時間の詳細が記載されていないというケースがあります。

この場合には、葬儀を行うことをお知らせしますということで、参列願いではないことに注意が必要です。

参列を遠慮するのがマナーです。

多くの場合、家族葬は香典や供花は辞退となっています。

したがって辞退するのがマナーです。

無理に準備をしてしまうと、香典返しなどで葬家の負担が増加してしまいます。

お悔みの一言を忘れずに、内々で静かにお見送りをしましょう。

※関連ページ:葬儀について学べるブログin千葉

千葉での家族葬のマナー はコメントを受け付けていません。