4月

2

千葉の葬儀はそんなに高額なのか

葬儀は、一生で何度も喪主をするものではありません。

また、地域性、宗旨宗派、葬儀の規模、故人の生前の社会や菩提寺とのかかわりなどで、葬儀の規模もコストも大きく変わります。

千葉に限らず日本では、平均的な葬儀のマナー、規模というものが存在しにくいのです。

とはいえ、多くの千葉県民は仏式の葬儀を望みます。

仏式の葬儀で最もわかりにくいとされるのが葬儀にかかる費用でしょう。

特に自分が意識的に信仰している宗旨・宗派がない場合、お坊さんをどうやって呼ぶのか、その際のお布施をどうするのか、わからないことが多いものです。

菩提寺があったとしても、日頃からの付き合いがなければ、何かと不慣れな対応になってしまいます。

一般論として、日本の葬儀にはコストがかかり過ぎているというものがあります。

全国平均で200万とも言われる葬儀のコストが高額であるから、もっとシンプルにもっと経済的に葬儀をあげようというマーケティングもまた存在します。

現実的には、直葬などのように葬祭扶助制度を利用して無料で行う葬儀もあります。

一方では前払いで積み立てる互助会制度を利用したものなど、結果的に割高になる葬儀のスタイルもあります。

専門葬儀会社は冠婚葬祭互助会とは違います。

互助会入会を勧めることもなければ、葬儀の打ち合わせに成人式や結婚式の広告を出されることもありません。

両者の区別がつきにくいというのも混乱の理由のひとつになっています。

平均的とされる葬儀のコストは、葬儀の規模や葬儀に対する考え方次第で、高額にもなれば、ずっと安価にもなりえます。

平均的なコストを目安に葬儀の計画をたてるよりは、故人の望んだ葬儀を親族などと相談しながら取決め、細かな対応は葬儀会社の人と相談しながら進行していくのが現実的な葬儀のスタイルとも言えるでしょう。

Posted in 葬儀の裏側 | 千葉の葬儀はそんなに高額なのか はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.